ライフスタイル

Linear

リニア新駅でさらに便利になる橋本駅。

橋本駅周辺地区では、リニア中央新幹線により三大都市圏(東京圏・中部圏・近畿圏)が
結ばれるとともに、JR・京王線や道路ネットワークによって各方面にアクセスが可能なことから、
「産業の活力と賑わいがあふれる交流拠点」をコンセプトにまちづくりが進行中。
駅とまちを一体的に整備し、乗換利便性の向上やにぎわいの形成、回遊性の向上等を図り、
首都圏の成長をけん引する魅力的な街づくりが期待されます。

品川~名古屋市間を40分、品川~大阪市間を67分と、高速で三大都市圏を結ぶ日本の新たな大動脈。平成25年9月に公表された「環境影響評価準備書」の中で、神奈川県内の駅が「橋本駅付近」に設置されることが示されました。リニア駅は、現県立相原高校の地下に建設される予定となっております。

周辺部に、産業集積や起業支援(インキュベーション)施設の立地があることから、リニア駅との近接性を生かし、産業交流拠点としての機能集積が期待されています。
整備対象は、橋本駅を中心とした南北約120ha。特に南口周辺は、重点的に整備が必要な地区として、平成39年のリニア中央新幹線の開業を見据えた先進的なまちづくりが期待できるでしょう。

リニア駅の改札とJR・京王線の改札を結ぶ交流・賑わい軸を中心に、交通広場やシンボル広場を整備。

やすらぎを演出する「緑と憩いの軸」を中心に、ゆとりや潤いを感じられる質の高い街並みを形成しています。

品川~名古屋市間を40分、品川~大阪市間を67分と、高速で三大都市圏を結ぶ日本の新たな大動脈。平成25年9月に公表された「環境影響評価準備書」の中で、神奈川県内の駅が「橋本駅付近」に設置されることが示されたました。リニア駅は、現県立相原高校の地下に建設される予定となっております。

周辺部に、産業集積や起業支援(インキュベーション)施設の立地があることから、リニア駅との近接性を生かし、産業交流拠点としての機能集積が期待されています。
整備対象は、橋本駅を中心とした南北約120ha。特に南口周辺は、重点的に整備が必要な地区として、平成39年のリニア中央新幹線の開業を見据えた先進的なまちづくりが期待できるでしょう。

リニア駅の改札とJR・京王線の改札を結ぶ交流・賑わい軸を中心に、交通広場やシンボル広場を整備。

やすらぎを演出する「緑と憩いの軸」を中心に、ゆとりや潤いを感じられる質の高い街並みを形成しています。

相模総合補給廠一部返還地に新たな都市拠点を創出 相模総合補給廠一部返還地に新たな都市拠点を創出

相模原駅周辺地区は、首都圏南西部をリードし、広域交流拠点の一翼を担う、
「安心とゆとりのある文化・行政が集積する中枢業務拠点」をまちづくりのコンセプトとしています。
平成26年9月には、日米両政府の合意に基づき、
相模原駅に隣接する相模総合補給廠の一部(約17ha)が日本政府へ返還されました。
商業・業務・文化などの都市機能の集積に向け、大きく弾みがついたと言えるでしょう。

相模原駅周辺 広域交流の拠点

平成28年4月には、交通政策審議会(国土交通省)答申において、小田急多摩線の延伸(唐木田駅~JR相模原駅~JR上溝駅)について「地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト」の一つとして位置付けられました。

オープンスペースを活用した広場空 間賑わい溢れる広場・交流空間
誰もが気軽に使える! 公園の整備

相模原駅に近接する広大な空間という特徴を生かし、市民交流機能、スポーツ・レクリエーションゾーン機能を備えた公園整備を進めています。運動やレクリエーション、イベント、災害時の防災用スペースとしての活用が可能になる予定です。

地域の利便性が向上!駅北口周辺道路の整備 人や企業に選ばれる都市づくり!多様な都市機能の集積

橋本駅周辺や相模原駅南口周辺における商業機能との差別化を図りつつ機能を補完するため、3つの導入機能を土地利用の方針としています。商圏が広域となる「広域商業機能」。ビジネスチャンスの拡大や産業の振興に繋がるコンベンション施設をはじめとした「広域交流機能」。昼間人口の拡大や新市街地の創出による新たな魅力の形成などに寄与する「業務・行政・文化創造機能」の3つを掲げています。

都心まで直結でますます便利に 小田急多摩線延伸促進 / 広域的な連携・ゲートにふさわしい空間 ランドマークの創出

都市とのアクセス性向上により、相模原駅周辺地区の拠点性を高めるため、小田急多摩線の延伸実現に向けた取組を進めています。

シンボルとなる広場やランドマークの創出による地区の特徴づけ、東西道路のシンボル化、地区のゲートとしての駅前空間と市街地の連続性の確保を目指しています。

相模原駅周辺地区は、首都圏南西部をリードし、広域交流拠点の一翼を担う、「安心とゆとりのある文化・行政が集積する中枢業務拠点」をまちづくりのコンセプトとしています。平成26年9月には、日米両政府の合意に基づき、相模原駅に隣接する相模総合補給廠の一部(約17ha)が日本政府へ返還されました。
商業・業務・文化などの都市機能の集積に向け、大きく弾みがついたと言えるでしょう。

相模原駅に近接する広大な空間という特徴を生かし、市民交流機能、スポーツ・レクリエーションゾーン機能を備えた公園整備を進めています。運動やレクリエーション、イベント、災害時の防災用スペースとしての活用が可能になる予定です。

橋本駅周辺や相模原駅南口周辺における商業機能との差別化を図りつつ機能を補完するため、3つの導入機能を土地利用の方針としています。商圏が広域となる「広域商業機能」。ビジネスチャンスの拡大や産業の振興に繋がるコンベンション施設をはじめとした「広域交流機能」。昼間人口の拡大や新市街地の創出による新たな魅力の形成などに寄与する「業務・行政・文化創造機能」の3つを掲げています。

都市とのアクセス性向上により、相模原駅周辺地区の拠点性を高めるため、小田急多摩線の延伸実現に向けた取組を進めています。

シンボルとなる広場やランドマークの創出による地区の特徴づけ、東西道路のシンボル化、地区のゲートとしての駅前空間と市街地の連続性の確保を目指しています。

Rdevelopment

相模原駅エリアは新都市拠点へ。

相模原駅周辺でも再開発が進められています。2014年に返還された相模原駅北側に広がる米軍用地の一部・約17haには、行政・公的機関の集積、国際交流・文化交流施設や大規模商業施設・ホテルの建設を予定。周辺の既存市街地との緑のネットワークを形成する街を目指します。さらに返還地と隣接する地域にはスポーツ・レクリエーションゾーンを設定。米軍用地の全面返還やJR横浜線立体化、小田急多摩線延伸等を見据えた再開発が進められています。

写真:相模原市役所ホームページより

Event

伝統あるお祭りから地域のイベントまで、一年中色とりどり。

写真:一般社団法人 相模原市観光協会ホームページ 「いい~さがみはら」より

※掲載の整備計画・再開発計画・イベントは2018年10月20日現在の情報であり、今後変更になる場合があります。
※掲載のイベント時期は変更になる場合があります。また開催が決定しているものではありません。